冬はコタツで丸くさせない!愛猫を寒さから守る防寒対策と3つの注意点

冬はコタツで丸くさせない!愛猫を寒さから守る防寒対策と3つの注意点

雪やこんこん。あられやこんこん。そんな有名な曲の締めの歌詞は、「猫はこたつで丸くなる」ですね。

こたつは確かに暖かいもので、猫だけではなく、人間も丸くなってしまいます。しかし、猫にとってこたつは危険な存在でもあることをご存知でしょうか。こたつに入ることによって、酸欠、低音やけど、脱水症状など、数々のリスクがあるのだそうです。

愛猫をそんな危険にさらさないよう、こたつに入らない、入れさせないように万全の寒さ対策が必要です。寒い時期になるとペット用のヒーターが大活躍しますが、しかしなぜこたつではだめなのか、暖を取れないものなのか、と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「猫はこたつで丸くなる」、そんな間違った常識を覆し、愛猫を冬の寒さから守る方法をレクチャーしたいと思います。

猫がこたつで丸くなってはいけない理由

こたつは暖かいです。それゆえ、寒い冬には長居をしがちです。人間なら良いのですが、これが猫の場合はあまり良いことではありません。下記に例をあげましょう。

こたつは密封された空間。長時間いると酸欠が起こる

こたつの一番の恐怖は酸欠です。猫は暖かいところが好きなのでこたつに長居しがちですが、こたつの中はとても換気が悪い状態です。猫がうとうと眠っている間に気がついたら酸欠…なんて悲劇もありえます。

火傷をすることも。甘く見てはいけないこたつの脅威

猫は40度以上の熱源下に長時間いると、低温火傷を起こす可能性が高くなります。一般的なこたつの温度設定は35度から40度なので、十分危険な領域です。さらに、そこで寝てしまったら。寝ている間はもちろん水も飲めないため、熱中症も起こしかねません。

こたつで長居させないような寒さ対策が肝心

こたつは魅力的なものですが、猫にとっては体調を左右する存在にもなりえます。こたつに依存させない方法とは、「ズバリ!こたつを置かないこと」が一番なのですが、こたつ以外の寒さ対策はないのでしょうか。では、どのような寒さ対策があるのか考えてみましょう。

ベッドや毛布などをそばに置く

基本的に猫は寒がりのため、お留守番の際には猫用のベッドや毛布をそばに置きましょう。フリース素材がオススメです。

適度な温度に設定してエアコン(暖房)を付ける

猫がもっとも快適に過ごすことができる温度は、20度から23度くらいだと言います(※個体差あり)。エアコンをつける際はそのくらいの温度になるよう意識しましょう。

湯たんぽは万能

ペット用の湯たんぽがもっともよいのかもしれませんが、人間用の湯たんぽでも問題ありません。なんといっても、お湯を入れるだけの手軽さです。それでいて電気代もかからず、暖かい効果は10時間程度持続します。

市販のペットヒーターに頼る

まずまずのお値段はしますが、ペット専用に開発されているものなので安心して利用できます。ただし、電気代は若干お高めです。

愛猫と冬を快適に過ごすための3つの注意点

こたつを排除するのがもっとも確実かつ労力もかかりませんが、猫も自分も寒いとなると、風邪をひいてしまうなどお互いに辛い思いをする可能性も十分に考えられます。

人の場合、暖かくなろうと思うと、自分でエアコンやヒーターをつけて温度管理できますし、服を着込むなど方法もありますが猫はその調節ができません。

ここは、お金を惜しまずペットヒーターなどの文明の利器に頼ってみてはいかがでしょうか。

道端にいる野良猫たちは、冬でも平気な顔をしてのんびりしていますが、寒ければ自ら暖かい場所を探して移動したり、暑ければ涼しい場所に移動したりして温度管理をしているのです。

しかし、室内飼育の猫は決められた場所で過ごすことが基本となるため、猫が過ごしやすいように飼い主が温度管理を行う必要があります。それでは、ペットの猫と冬を楽しく過ごすための注意点をいくつか挙げてみましょう。

エアコンの設定温度にはご注意を

高すぎても、低すぎてもいけません。前述した通り、20度から23度をキープするように設定しましょう。また、外出中もタイマーで温度管理するなど、できるだけ温度差がないように心がけましょう。

ベッドや水飲み場、トイレの位置

猫は日向ぼっこが好きなものです。陽の当たる窓際にベッドなどを設置しがちですが、冬は窓際がもっとも寒いこともあります。寒冷地だと特にそうですよね。冬はなるべく外気に触れづらい場所にベッドなどを設置しましょう。

ご飯をあげすぎると肥満の原因に

人間と一緒で、猫も寒さに備えて脂肪をためようとします。これは、体温を維持しようという本能が働くためと言われています。だからといって、ご飯の量を増やしてしまうと肥満につながります。太った猫も可愛いものですが、肥満は万病の元なので、くれぐれもご飯を与えすぎないようにしましょう。

おわりに

猫は寒がりなものですが、暖めるにも工夫が必要です。留守中にこたつで長時間過ごさせることは、下手をすれば猫の体調を崩してしまう原因になる可能性もあります。

こたつで丸くさせないような快適な室内環境をつくり、楽しい幸せな猫との暮らしを送りましょう!

ページトップヘ