膿皮症は赤や黄色の発疹が円形状に広がります

いぬの病気、そこが知りたい!

あなたのワンちゃん、最近こんな様子は見られませんか?

困っている犬

赤や黄色の
ブツブツが
できた…

最近フケが
増えてきた…

もしかしたら
膿皮症 のうひしょう
かもしれません。

どんな
病気?
皮膚に常在するブドウ球菌が、過剰に増えて起こる病気
膿皮症をきっかけに、基礎疾患が見つかることも多いため、膿皮症の治療は
皮膚症状を改善するとともに、基礎疾患の治療もあわせて行うことが大切です。

おもな
症状

赤や黄色の発疹が円形状広がり、
症状が出る部位にも特徴があります。

赤いブツブツができる

膿疱(のうほう)(黄色いブツブツ)ができる

フケが増える

脱毛する(毛が束で抜ける)

ここに起こりやすい!口のまわり、胴まわり・わきの下、指の間

膿皮症でかゆみは出ない!?
膿皮症単体ではかゆみが出ないことが多いですが、アトピー性皮膚炎や
寄生虫による感染症が要因となって膿皮症が起こった場合かゆみが出ます。

原因

成犬やシニア犬の場合は、アレルギー性皮膚炎や食物アレルギーなどの基礎疾患が、膿皮症の要因になっていることが多いと言われています。ただし子犬は、免疫機能などが未熟なため、膿皮症だけが起こることもあります。

膿皮症を引き起こす
おもな基礎疾患

  • ホルモン
    関連の病気

  • アトピー性
    皮膚炎

  • 疥癬かいせん
    などの感染症

  • 食物
    アレルギー

検査
治療

発疹の視診、顕微鏡での皮膚検査から膿皮症を診断します。さらに、基礎疾患が疑われるときは、アレルギー検査やホルモン検査などもあわせて行い、病気がわかれば、膿皮症と平行して治療します。膿皮症の治療は、抗生物質を塗 たり、服用したりする治療に頼らず、抗菌シャンプーや消毒液で菌の数を減らしていく治療が主流になっています。

抗菌シャンプーをする犬

シャワーをする犬

発行元:アニコム損害保険株式会社

ページトップヘ