血液検査をして、アレルギー検査をすることが可能です

ねこの病気、そこが知りたい!

あなたのねこちゃん、最近こんな様子は見られませんか?

困っている猫

以前より
軟便になることが
増えた…

耳や
目の上などが
赤く腫れて
いる…

もしかしたら
食物アレルギー
かもしれません。

どんな
病気?
食べ物に含まれる成分に反応し、皮膚や消化器などに症状が出る。
おもに、肉・魚などのたんぱく質や小麦などの炭水化物を、体が有害な異物とみなして起こります。
成猫になるまで症状が見られなくても、フードで繰り返し同じ成分をとるうちに、
突然アレルギー症状が出ることも少なくありません。
おとなしく注射される猫

主な
初期症状

  • 皮膚が赤くなる、発疹ができる
  • 皮膚をなめる、引っかくなどしてかゆがる
  • 下痢をする、血便が出る

症状は、皮膚のかゆみなどが多く、顔や首を中心に、ほかの部位に出ることもあります。また、下痢など消化器に症状が出やすいのも特徴。猫によって皮膚と消化器の両方に出る場合と、片方しか出ない場合があります。

調子が悪い猫

主な
治療

動物病院では、食物アレルギーと診断した猫に、アレルゲン(アレルギーの起因物質)になりやすい材料を除いた療法食を処方します。まず、ある1種類の療法食だけを数週間与えて、症状が改善されるか観察。改善された場合はその療法食を続けて、改善されなかった場合は別の療法食を試し、症状が出ないものを探します。この方法で完全に症状が出なくなるケースもありますが、アレルギーは体質なので、症状が改善されたからといって、一般のフードに戻すことは難しく、再発の可能性もあるため、一度食物アレルギーと診断されると療法食を続ける場合が多いでしょう。

主な
検査方法

動物のアレルギー専門の検査センターで、人と同じようにアレルゲンごとの『IgE抗体』の量を調べる血液検査をして、アレルギー検査をすることが可能です。100%アレルゲンが特定できるとは限りませんが、特定できた際は治療に非常に有効です。食物アレルギーが疑われたときは、アレルギー検査を受けるか、かかりつけの獣医師とよく相談してみましょう。

発行元:アニコム損害保険株式会社

ページトップヘ