ストレスなどが原因で免疫力が低下したときに多く、抗生剤や炎症止めの目薬を投与します。

ねこの病気、そこが知りたい!

あなたのねこちゃん、最近こんな様子は見られませんか?

涙の量が
増えてきた…

目ヤニの
色や量が
ふだんと違う…

もしかしたら
結膜炎
かもしれません。

どんな
病気?
結膜部分が炎症を起こした状態。
「猫カゼ」などの感染症が原因で発症するケースが多く、猫にもっとも多く見られる目の病気。

主な
症状

  • 白目の表面が充血する
  • 色付きの目ヤニや粘り気のある
    目ヤニが大量に出る
  • 涙が増える
  • 目を開けにくそうにしている

目の状態をチェックするときは、片手で顔を固定し、親指でまぶたを軽く上げて白目の表面部分を見ましょう。また、正面から左右の目を見比べ、いつもと違うところがないか確認をしましょう。

目をみてもらう猫

原因と
治療

子猫の場合は、猫カゼがきっかけで結膜炎にかかるケースが大半です。猫カゼはカリシウイルス・ヘルペスウイルス・クラミジアなどのウイルスや細菌に感染して起こります。ストレスなどが原因で免疫力が低下したときに、猫カゼが再発して症状が出ることが多いため、日頃から目の状態をチェックして、少しでも異変が見られたら獣医師に相談しましょう。治療は、抗生剤や炎症止めの目薬を投与します。目薬は、点眼タイプと軟膏タイプの2種類があります。どちらを使うかは症状によって獣医師が判断しますが、猫に使いやすいタイプが選べるケースもあります。

不機嫌な猫

発行元:アニコム損害保険株式会社

ペット保険を比較する!
ページトップヘ