下痢や軟便の症状が多く、腸に関する病気が蛋白喪失性腸症のおもな原因になっている

蛋白喪失性腸症

腸に異常が起き、タンパク質がもれ出す状態。慢性的な下痢を引き起こす

おもな症状

  • もっとも多い症状

    下痢・軟便

    下痢や軟便が毎日続くこともあれば、数日おきに起こる場合も。長引く下痢は、体力を消耗させるため、かかりつけ医に相談を。

  • 嘔吐

    嘔吐は、必ずしもあらわれる症状ではありません。ゲーゲーとおなかから押し出すように吐き、ヨダレも見られます。

  • 元気の消失や体重の減少

    下痢や嘔吐で体力を消耗し、元気がなくなったり、体重が減ったりします。下痢や嘔吐がなくても、体内のタンパク質量が減少することから、体重が減ることもあります。

  • 重症化すると…

    腹水がたまる

    腸にもれ出るタンパク質の量が増えると、低蛋白血症になります。 そうなると、血液中の水分が血管の外にもれ出し、腹水となってたまります。 腹水で胃が押されて食欲不振になることも。

蛋白喪失性腸症を引き起こす
原因となるおもな病気

蛋白喪失性腸症は、腸の腫れや炎症を引き起こす病気、腫瘍などが、おもな原因になっています。
これらの病気に対する治療を行うことで、蛋白喪失性腸症も改善していきます。

  • リンパ菅拡張症

    腸内のリンパ管が詰まる、破れる
    などしてタンパク質がもれる

    腸をめぐっているリンパ管の一部が詰まってふくらんだり、破れたりして、タンパク質を含むリンパ液が腸内へもれ出る病気です。
    腸の炎症や腫瘍などが原因になる場合もある一方、原因がわからないケースも。

    治療法

    超低脂肪食による
    食事療法が基本

  • 炎症性腸疾患

    腸の粘膜が炎症を起こし、
    タンパク質がもれ出る

    胃や腸の粘膜に慢性的に炎症が引き起こされ、下痢や嘔吐、食欲不振などの症状が見られます。腸の粘膜に炎症があると、タンパク質が腸内にもれ出しやすくなるため、蛋白喪失性腸症になります。

    治療法

    薬の服用や食事療法
    などでコントロール

  • 消化管型リンパ腫

    リンパ腫の細胞が増殖して
    腸内に異常が起きる

    胃や腸に見られる腫瘍で、しこりが発見されることも多く、胃や腸のリンパ節の腫れが確認されることも。腸内のしこりや、腸の腫れなどの影響で、タンパク質が腸内にもれ出し、蛋白喪失性腸症になります。

    治療法

    抗がん剤による
    化学療法が一般的

下痢をする犬
ページトップヘ