そこが知りたい!膀胱炎

そこが知りたい!膀胱炎

膀胱が炎症を起こし、排尿が困難になる

「膀胱炎」とは、血尿が出たりオシッコが出にくくなってしまったりする病気。
猫がとくにかかりやすいとされる、泌尿器疾患のひとつです。

結石による膀胱炎を発症した猫のエコー写真。膀胱(左上の真っ黒な部分)に結石(白い部分)ができています。

原因は?

膀胱炎の原因は、おもに3つです。1つめは、結石によるもので、尿中の成分が凝縮して結晶や結石ができ(尿石症)、膀胱が傷付けられて発症します。2つめは細菌性で、免疫力が落ちがちな、高齢猫や闘病中の猫に発症しやすい傾向が。3つめは特発性といい原因の特定は難しいのですが、ストレスが関与していると考えられています。

治療法は?

結石や細菌が原因の場合はそれらを取り除く治療が行われ、特発性の場合はストレスの原因を突き止め取り除くことで、症状の緩和を目指します。

膀胱炎は、再発したり、ほかの泌尿器系の病気を引き起こしやすい病気でもあります。いずれの対策も、食事やトイレ環境を整えるなど、日頃の飼い主さんの目配りが一番のカギとなる病気です。

トイレに入っている猫のイラスト
ペット保険を比較する!
ページトップヘ