~ラブラドール・レトリーバー~

今月は、盲導犬や警察犬など多方面で大活躍をしているラブラドール・レトリーバーをご紹介します。

ラブラドール・レトリーバーの写真

ラブラドール・レトリーバー

原産国
カナダ

性 格
社交的で体を動かすことが大好きで、日常から十分なお散歩が必要です。また好奇心も旺盛で、陽気なワンちゃんです。

特にラブラドール・レトリーバーで気をつけてあげたい病気は・・・「腫瘍」
ラブラドール・レトリーバーと他の犬種の腫瘍の比較グラフ

腫瘍とは、体の表面や体の中にできる異常に増殖した細胞のかたまりで、良いものや悪いもの、平らなものや盛り上がっているものなどさまざまです。
ラブラドール・レトリーバーで多いのは、皮膚の腫瘍、リンパ腫や乳腺腫瘍などといわれています。

腫瘍ってどんなもの?

もし、腫瘍になってしまったら?

手術1回の場合130,000円/手術2回の場合280,000円
犬の入院イメージ

こんな症状に要注意!

  • 体の表面にしこりがある

  • なんとなく元気がない

  • 食欲はあるのに痩せてきた

  • イボが大きくなってきた

ワンちゃんに上記のような症状が見られた場合は、早期治療により進行を遅らせることができる場合がありますので、早めにかかりつけの動物病院を受診しましょう。

※イラストはすべてイメージです。
発行元:アニコム損害保険株式会社

ページトップヘ